現在位置:ホーム > 株主・投資家情報 > 株主・投資家の皆様へ

ここから本文

株主・投資家の皆様へ

Message to Shareholders & Investors

橘 鉄平

平素より当社グループの事業へのご理解とご支援を賜り、心よりお礼申し上げます。

 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社は、日本初の独立系デバッグアウトソーシング会社として設立されたポールトゥウィン株式会社と、業界で最も早く設立されたネットサポート専業会社であるピットクルー株式会社の共同株式移転方式により、2009年2月に純粋持株会社として設立されました。2011年10月26日に東京証券取引所マザーズ市場に上場し、約1年後の2012年11月6日に東京証券取引所市場第一部に市場変更いたしました。

 当社グループでは、「Create Customer Value」という理念のもと、「人間にしかできないこと」と「より高品質なシステム」を融合することを使命とし、ゲーム業界とインターネット業界を中心に「デバッグ・検証事業」と「ネットサポート事業」を展開しております。両事業の先駆者として、業界標準となる様々なサービスを創出・提供し、これまで多くの企業様の製品やコンテンツ、サービスの品質向上に努めてまいりました。

 ゲーム業界においては、ゲームプラットフォームの進化・多様化とともに、ゲームビジネスのグローバル化が進んでおり、当社グループにおいても今後の成長にはグローバル対応が欠かせないと判断し、2012年以降、海外企業を買収するなどして海外拠点の拡充を図ってまいりました。2018年9月現在、海外拠点は10ヵ国18拠点(米国3、カナダ、英国3、ルーマニア、中国3、シンガポール、マレーシア、インド2、韓国2、ベトナム)に広がり、海外売上高も順調に増加しております。
 また、掲示板投稿チェックからスタートしたネットサポート事業も、最近は市場拡大が続くEコマース関連の業務受注が増加し、Eコマースに関連した出品物チェックや各種法令に基づいた広告審査、エンドユーザーからのお問い合わせ対応へのニーズが高まっています。

 今後の事業戦略のポイントとして、一つ目は、ゲーム市場向けとして、コアサービスであるデバッグ・検証のシェアを拡大し、ネットサポートへのクロスセルを推進することであります。コアサービスであるデバッグ・検証事業の関連市場であるゲーム市場は、引き続き好調に推移するものと予測されます。ゲーム業界のグローバル化に対応した多言語によるサービス提供を推進するとともに、グループ会社間の連携により、ネットサポート事業においてもゲーム業界との取引拡大に取り組んでまいります。
 二つ目は、ノンゲーム市場向けとして、AIの精度向上をサポートするサービスを展開するとともに、ゲーム市場以外へのデバッグ・検証サービス展開を推進することであります。AI関連市場の拡大に伴い、AIの精度向上に欠かせない、機械学習のためのデータ整備業務の需要が増加しております。ネットサポート事業としてこれらの需要取り込みを進めるとともに、Eコマース、動画サイト、シェアリングエコノミー等従来ネットサポート事業の領域としていた市場に対して、デバッグ、チューニング、取説制作、音声制作、翻訳等のデバッグ・検証事業のサービスを展開する取り組みを進めます。
 三つ目は、社内体制の整備であります。グループ各社、拠点やサービスを集約し、収益性向上を図ります。また、当社グループ会社間の人事交流を促進することで、一層の事業シナジー向上を図ります。

引き続き倍旧のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社
代表取締役社長 橘 鉄平

ここからサブメニュー

サブメニューの終わり


PPHDグループ


【東証一部上場企業】ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社 証券コード:3657

このページの先頭へ

このページの最後尾です。ページ先頭へ戻ります。